FX取引に適した時間帯

FXは、インターネット上で世界中の外国為替市場で取引を行えるので、土日やその国の祝日など、外国為替市場自体が閉まっている日を除いて、24時間いつでも取引を行えます。

けれども、いつでも同じように活発に取引が行われているわけではありません。

一日の中で、相場の動きが鈍い時間帯もあれば、活発に取引される時間帯もあります。


FXは、為替差益によって利益を得る取引です。


活発に取引が行われている方が、外国為替相場が変化しやすいため、為替差益を得やすくなるので、活発に取引される時間帯がFX取引に適した時間帯ということができます。



具体的にどの時間帯がFX取引に適した時間帯なのかというと、日本時間で16時から19時がその一つです。

この時間帯は、ヨーロッパの外国為替市場の午前の取引の時間帯になります。

ヨーロッパは、世界でも有数の大きな市場なので、この市場が開いている時間帯は活発に取引がなされます。

トルコリラ情報探しに特化した総合サイトです。

19時から1時間乃至2時間程度は、ヨーロッパの昼休みの時間帯になるため、取引はひと段落します。
その後、21時になるとヨーロッパに加えてニューヨーク市場などのアメリカの市場も開くため、一日の中で最も活発に取引が行われる時間帯となります。

goo ニュースってとにかくお勧めなんです。

この後、翌日の6時ころまで、活発な取引が続きます。

デイトレーディングなど、1日の中で取引を完結するトレードスタイルの方は特に、この時間帯を狙って取引をすることで、より多くの利益を得る可能性があります。